歯

矯正治療はまず相談

海外では以前から当たり前に行われてきた歯科矯正ですが、現在は日本での需要もかなり増えてきました。悪い歯並びを直さないでおくと、体に様々な支障をきたします。例として反対咬合の場合、下の歯が前に突き出す事で、下の前歯に歯石が付きやすく、歯肉炎、歯周病なりリスクが高まります。
また活舌が悪く、話しにくいこともあります。上顎前突(出っ歯)の場合、口が閉じにくい為、歯茎が乾きやすくなります。その為歯肉炎、歯周病の症状が起きやすくなります。鼻呼吸では無く、口で息をする事自体が体全身に悪い事は知られています。噛み合わせのため、24時間悪い生活習慣を送らざるおえないことになります。
叢生の場合、重なり合った歯の部分は汚れが付きやすく落としにくいです。汚れがたまりやすいので、虫歯のリスクも高まり、歯肉の炎症も起きやすくなります。これらの不正咬合を歯科矯正で治すことで、歯や歯肉などのトラブルのリスクを減らす事が出来る他、しっかり噛めるるよになりきちんと消化、吸収されるので、子供であれば成長を促進し、全身に渡る健康と見た目が美しく整います。
歯並びよって、取り外しのマウスピースや入れ歯の様な装置を使った矯正や、ワイヤーを使った矯正を適応するなど、いくつかの治療法があり、矯正を始めるベストな時期も異なるので、歯並びで気になる事があれば、まず歯科医院を受診して相談してみるのが良いでしょう。

最新の情報

歯列矯正治療後の歯のお手入れについて

歯列矯正中の歯のお手入れについては、色々と矯正している方の話を耳にすることが多いかと思いますが、矯正治療終了後の歯…

もっと読む

矯正歯科のメリット

みなさんは歯の悩みはないでしょうか。あるという方の中には歯並びで悩んでいる方もいると思います。矯正歯科はその歯並び…

もっと読む

矯正歯科での治療方法

矯正歯科に行きたいけどどんな治療するか分からないという方も多くいらっしゃると思います。実際に行ってから説明されてそ…

もっと読む

矯正治療はまず相談

海外では以前から当たり前に行われてきた歯科矯正ですが、現在は日本での需要もかなり増えてきました。悪い歯並びを直さな…

もっと読む
TOP